ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2017年01月18日 [飲食店コンサルタント]

立地が悪いは安易な言い訳!

営業・飲食店・のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます。∧∧


【自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



立地が悪いから流行らない
そういった事をよく耳にします

本当にそれが原因でしょうか?

駅に近くない、田舎だし、近くに買い物出来る所もない
だから客入りが悪いんだ



いやいや、ど田舎で、何もない山道
走っても走っても、廃墟化した民家ばかり
この先には、お目当ての店しかない
そんな所でも、繁盛している店はあります



立地が悪い!
そんな理由なんて言い訳にすぎません!

例えば快速や新快速が止まる駅のある町で考えてみましょう。

飲食店や、その他の店の全ての数から考えて
駅から近い店の数ってどうなんでしょう?
駅から近い店の方が少ないんじゃないですか?

駅から近く駐車場もない
新快速は止まるけど
通勤にしか利用する人は居ない駅
わざわざその駅近辺のお店を利用する為に来る人は居ない

コインパーキングに置いてまで
駅近くの飲食店にいくとしたら
魅力あるお店なんですよ
そこのオーナーは経営努力をしています。



地域によって車社会の町があります。
その町では逆に駅に近くて駐車場がなければ
それが不利にもなります

駅の近くにひしめき合った店舗の中で
生き残るのも大変です



立地云々と頭を抱えるよりも
ターゲットとする客層をしっかり決めることが大切です


私はたまたま農家さんと友達になり、何気ない会話の中で
畑仕事が忙しい時期は
その地区の農家さんは
料理を作らず夕食は毎日外食する家庭が多いそうです。

そうなると、その地区の飲食店は
その農家さんをターゲットにした戦略を考えるべきでしょうね



自分の店はどんな客層をターゲットにしたら良いのか
町の人達と交流を持ち
どんな思考でどんな生活振りなのか
情報収集が必要です



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。そのコネクションとは長年の経験により、管理者以上、中には支店長、支社長、社長クラスのコネクションがあります。



最後まで読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します


にほんブログ村


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る