ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年09月12日 [営業コンサルタント]

契約までのプロセスについて

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



営業で有りがちなのが、クライアントを自分で勝手に選んでしまう行為です。



「この会社なら契約取れそうだな」
「この人なら買うだろう」


こんな風に勝手に決め付けてしまうことは案外よくあることです。



業種によっては、ある程度絞るということもありますが
あくまでも、買う買わない、契約をするしないは相手が決めることです。




買ってくれそうな人、自分の話を好意的に聞いてくれそうな人、そういう人ばかりを探していてはあっという間に尽きてしまいますよ。

貴方の思惑通りにはなかなかいかないものです。

「あーまた当てが外れてしまった・・・」「なかなか上手くいかないなぁ」落ち込む姿が目に浮かびます。




買うか買わないか解らない人や、興味があるのかないのか解らない人の数は、買ってくれそうな人達よりも圧倒的に多いですよね、それこそ無限大の数です。


とにかく声を掛ける、話を聞いてもらう。これが大事です。熱心に話をすることで印象付けをしておく。その時に契約が取れなくても、半年後、1年後に声がかかることは多々あるものなんです。



そのためにも、どれだけアピールできるか、印象づけることが重要になってきます。自分勝手に決め付けず、どんな相手でも買ってもらう、契約を取るを前提に行動していくことが重要です。



玉置コンサルティングは、自らが体験してきた事を、個々に合ったスタイルに造りあげていきます。
また、お客様のニーズ・価値観を見極める力を持ち、それを具現化していきます。



読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る