ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年08月28日 [コンサルタント]

報・連・相は信用に繋がります

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



つい最近、仕事でお付き合いいただくこととなりました方から、とても丁寧なご挨拶やご連絡をいただきました。真面目に仕事に取り組んでいるご様子がとても好感がもて、これからのお付き合いが楽しみだと代表が喜んでおります。

それとは逆に別の方ですが、「○日に商談がありますから報告いたします」と言いながら音沙汰なし、2カ月程過ぎて、別件の依頼ついでに、その報告がありました。自分のその行動がどう影響しているのか、ビジネスでは非常識なことだと認識できていないのですね。認識できていなければ、自分を恥じることも反省することも出来ないですね。

敢えてその件に関して指摘することもしませんでした。ご想像つくかと思いますが、勿論その方とは仕事をすることはありません。



ビジネスでは「報・連・相」は絶対的に必要なことです。これを怠ることで、信用を失ってしまいます。その方と一緒に仕事をすることで、その方の行動によりこちらの信用さえも失くしてしまう可能性さえあります。


ビジネスだけではなく社会において、家庭においても、報・連・相は必要なことだと思います。友好なコミュニケーションに最も必要だと言えるでしょう。

全ては相手への気遣いに尽きると思います。

お互いに思いやりを持ち、感謝し、優しさ、尊敬を持ってこそ良い仕事が出来るんです。その思いがあれば、報・連・相は難しいことではありません。




難問に直面した者でなければ、その悩みや苦労を感じることはできません。
長年の経験は多くを学んできました。
確かな経験を元に、皆様にご提案させていただきます。



読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村


にほんブログ村
             
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る