ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年08月11日 [営業コンサルタント]

企業においての営業研修

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます。


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



 今回のテーマは、弊社の企業における営業研修についてお話させていただきます。

 研修で代表が一番重要視していることは、「人間力」です。

 企業内での研修と言っても、様々な個性を持った人達の集団です。代表の研修を解りやすく一言で説明させていただきますと 「企業 対 代表」の研修ではなく、「個人 対 代表」の研修を心掛けております。



このような報告書があります。(全文ではなく抜粋しております)

・新人のAさん

「営業の基本とあらゆる場面でのセールストークについて」

 新規飛び込みのロールプレイングを実践で行い、新規訪問に大事なことを教わりました。まず訪問し相手と話をする際に、一生懸命さを伝えられるように商談する事。また自分ばかりが話すのではなく、適確な質問をして相手の情報をとっていく事が、重要であるという事を再認識しました。
 他にも会社のアピールを行うことで会社を知って頂き、他社には無いメリット、お店の為に一生懸命させてもらう、役に立ちたいという事を相手に伝えられなければ、次には繋がらないという事を教わりました。今後の新規飛び込みに関しては、本日学んだことを意識して訪問していきたいと思います。
 
 2つ目にランチェスターの法則という言葉を教えていただきました。ランチェスターとは・・・
 
(以下省略)
 
 一人の知識・能力をレベルアップする為には、情報力・行動力・コミュニケーション力を磨いてスキルアップする事が必要で、能力を上げる事で効率化にも繋がるという事を学びました。
本日勉強させて頂いた事を今後の仕事に活かせるように、意識して業務に勤めて参りたいと思います。 




・Bさん
昨対110%を目標必達
 今後、閉店した店舗や取引が中止になった店舗のマイナスの部分を具体的な数字を出し、どこで埋めるのかを考え日々業務に取り組んでいます。玉置先生の「常にマイナスをイメージして動く」という言葉を常に意識し行動します。

マーケットの分析、把握・・エリアごと客層、マーケットは違うので、分析し情報を収集します。
(以下省略  具体的な分析・情報収集法・計画などが書かれています)



 上記をご覧いただくと解りやすいかと思います。個々のレベルに合わせ、個々と向き合い実践で活用し繰り返し確認しながらの研修を行っております。

 また、同行研修も行っております。コミュニケーションがどのように取れているのか、営業トークはどうか、現場を見ることで個人の優れた能力や、課題点をより見極めることが出来ます。そして実践で指導することにより、よりレベルアップが期待されます。


 作られたテキストを渡し順番にそれを読み、質問を受ける。このような研修なら、わざわざコンサルタントに依頼しなくても書店で参考文献を購入しプリントし配れば済むことです。
 それぞれの性格を把握し、個人にあった営業スタイルを身に付けてあげることが重要だと、代表は日々話しております。
 やはり人生経験を経て、その上で業務に対しての経験や実績があるからこそのコンサルティングだと確信しております。

「人間 対 人間」 「個人 対 個人」 の研修を大切にしております。




玉置コンサルティングは、自らが体験してきた事を、個々に合ったスタイルに造りあげていきます。
また、お客様のニーズ・価値観を見極める力を持ち、それを具現化していきます。



読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る