ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年08月01日 [飲食店コンサルタント]

大手食品問屋の特徴

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます。∧∧


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



今回は問屋さんについて勉強してみたいと思い、代表に質問してまとめてみました。
初歩的なことですがどうかお付き合いお願いいたします。


全国チェーンで運営している「大手問屋」と「地元の問屋」の特徴を聞いてみました。

先ずは、全国チェーンで運営している大手問屋の特徴に触れてみます。



 やはりメーカーとの繋がりは強いと言えるでしょう。それに伴い食品業界での様々な事柄に対しての情報が豊富であるということです。これにより、新商品、手に入りにくい商品、価格の変動、商品の残量など、メニューに関して直接関係する情報を入手することができます。また、同業他社の動向を知ることも運営上必要なこと、幅広い同業他社の情報を得ることも出来ます。



 もう一つの特徴としては、品揃えが豊富であるということです。これは大手ならではの強みと言えるところでしょうか。多くのメーカーとの取引があることもそうですが、顧客も多いということです。それにより多種の飲食店に対応しているので、扱う商品が豊富になるわけです。もちろん在庫も余裕をもって管理されています。
 また、メーカーとの協力関係によりプライベートブランドが多く揃えられているようです。


 飲食店へのメリットとしては、大手の問屋との取引がある事により信用度はUPすることになります。
これはあくまでもイメージ的なことになります、決して「大手との取引=信用あり」には繋がりませんが、大手の問屋から積極的な営業活動がある飲食店を是非目指していただきたいと思います。お店の規模には全く関係なく目指すべきではないでしょうか。
以前別の機会に
  「お客様からも従業員からも魅力ある店舗づくりを・・・」
とお話したと記憶しておりますが、問屋からも店舗の規模云々ではない魅力を感じてもらえる店舗づくりが必要ではないでしょうか。


 そして最も大きなメリットとして、販売量が多い大手の問屋に対しメーカーは柔軟な対応をしてくれます。例えば、メーカーは原材料を輸入に頼っている事が多いです。それにより価格の変動が多く発生する場合があり、そんな時に、メーカーは大手の問屋に対し価格面に柔軟な対応をしている場合が多いのです。当然それにより飲食店にもメリットがあるわけです。


いかがでしたか。改めて整理してみるとこのようなメリットが見えてきました。
次回は「地元の問屋」の特徴について整理してみたいと思います。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



読んで頂いて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る