ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年06月27日 [飲食店コンサルタント]

人材確保と教育体制の強化

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント代表の玉置でございます


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



前回のビジネスブログ「飲食店経営時代のお話」の続編です。

当時の飲食業界では人員確保が最大の問題であった。私もアルバイト員の確保と教育には大変苦労しました。
多店舗経営していたのですが、1店舗に対し店長(正社員)1名、他アルバイト20名〜30名で店を運営しておりました。

時給は標準より高くしないと面談すら来ないのです。そうなると優秀な人員が集まらなくなり、直ぐに辞めてしまうといった負のスパイラルに陥ることになってしまうので、それを避けるために人件費を上げることになる。

そこで私は、アルバイト員にもやる気と目標を持てるようにと考えたのである。
時給+成果給を取り入れることにした。
個々に目標を持たせ、それが達成すれば給与に反映させるという方法である。
当然、落ちこぼれも出てきますが
重要な事は、たとえアルバイトでも責任と目標を持って仕事に取り組むことにより、全体のレベルUPを図っていくことなのです。

定着率としては10名入社し、3名以上が1年以上継続して勤めてくれれば店のレベルは格段にUPしていく事になる。
その仕組みづくりが重要なのである。
すなわち、経営の安定に繋げることになるのです。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る