ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年06月23日 [飲食店コンサルタント]

飲食店経営時代のお話

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



ブログの更新がご無沙汰していました。

今回は、代表の略歴をご覧いただくと「ピザ関係の飲食店を多店舗経営」とありますが、ピザ店経営のお話をさせていただきます。

大手食品メーカーで中国地区の所長をしておりました時に、ドミノピザ・東京恵比寿1号店に関わらせていただきました。
日本で初めて宅配ピザをオープンしたのが、ドミノピザです。皆さんご存知でしたか?!

当時の自分を振り返りますと、食品業界に長く携わってきた中で印象深い経験の一つであり、私の大きな転機となりました。
ドミノピザの開店、運営を見守るなかで、私も独立意欲が益々、芽生えてきました。その頃、地方でも宅配ピザ店が徐々に増えてきた事を覚えております。

食品メーカーを退職し独立、そして宅配ピザ店をオープンすることとなったのです。
店の内装、注文等のシステム、宅配用バイク、社員またはアルバイトの雇用など多くの準備が必要です。

今までのお付き合いのあるメーカーや問屋に、あらゆる面でご協力いただきました。
やはりメーカー、問屋とのお付き合いは当然ですが深いほうがより良いですよね。
飲食店の経営は、お客様から見て魅力ある店にするのは当然ですが、経営していくためには店の規模に関わらず、業者から見ても魅力あるお店にすることが重要です。特に店舗を増やしたいとお考えのオーナーさんは、後々の事業展開に大きく影響してきます。

のちのち、苦労話をまじえお話をさせていただきます。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る