ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年06月07日 [飲食店コンサルタント]

食品問屋主催の、展示会の重要性と活かし方

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表でございます 


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



食品メーカーに勤務し中国地区の所長を務めた経験から、食品問屋主催の展示会についてお話したいと思います。

展示会は、メーカー・問屋にとっては年1〜2回行われる一大イベントとも言えるでしょう。
食品問屋は、この展示会を機会に顧客の囲い込みを行いたいものです。
新商品の案内と既存商品の拡販が主な目的で、一社でも顧客を増やしたいという思惑がある。
又、メーカーと問屋との関係により、その展示会の内容にも大きく関わってくる


メーカーとしては、やはり販売力のある問屋へは力を入れたいものである。
特売等を積極的に打ち出してくる。
そういう意味では、販売力のある問屋との取引は重要と言える。


問屋としても、顧客へのサービスを向上させ、販売を強化していきたいところである。
展示会に関しては、メーカーも問屋も通常価格より大幅な値下げを行い、ユーザーへのサービスの一環として色々な融通を利かせてくれる事が多い。


飲食店としてはこの機会に新商品の開発、メニュー改定も踏まえて取り組む必要がある。

その他のメリットとしては、メーカーからの商品説明を詳しくヒアリングが出来、業界についての情報を聞き出し、更には同業他社の情報も入手できる可能性さえあるのだ。問屋任せにせず、自らが積極的にメーカーと関わりを持ち、情報を入手し現状を確認していくという心構えや自覚が必要ではないだろうか。


最終的な狙いは、あらゆる情報を入手し、今後の店舗運営に活かすべく手段を構築していくことである。それが結果として、仕入れ原価率を下げる事にも繋がるのである。

当社では、その展示会に備え、飲食店オーナー様との商談会と称し総合診断を行っております。
また、メーカーと問屋、飲食店オーナー様との三者商談をコーディネートしております。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る