ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年05月27日 [コンサルタント]

経験必須のコンサルタント

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧



【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



コンサルタントって、何をする仕事なの❓

数日前に知人からこんなふうに聞かれました。
このような質問は今回だけではありません。過去にも何度かありました。
実は私も代表に聞いたことがあるんですよ。

今でこそ、テレビのコメンテーターに
「経営コンサルタント」
「戦略コンサルタント」
「経済コンサルタント」
色々ありますよね

特化した分野において、経験と専門的知識を持った者が、相談を受け、問題点を探り、助言や指導を行う仕事だと当社は思っております。
経験と専門的知識がどちらも必ず必要です。しかもたった1,2年では経験とは言えません。

・飲食店経営の経験がなく、紙切れを読み知識とした者には、雇用の苦悩、経営の苦悩など、紙に書かれた文字でしか知らず
・企業で管理職の経験がない者に、管理者の苦悩は紙に書かれた言葉で理解しているだけです。
・サービス業でありながら、サービス業としての自覚がないタクシー運転手、しかし運転手だけが課題ではない。もっと根深い真の問題は深い関わりを持たなければ探れない。

やはり経験なくしては、コンサルタントとしての役割は果たせないと思っております。


難問に直面した者でなければ、その悩みや苦労を感じることはできません。
長年の経験は多くを学んできました。
確かな経験を元に、皆様にご提案させていただきます。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る