ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年05月17日 [営業コンサルタント]

頑張れ営業マン・・代表に質問してみました 2

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



前回に引続き、20歳代ぐらいの方に向けたお話です

代表に質問してみました❗の続編になります

根負けして「話だけは聞いてやる」。ほんとに話を聞いてくれるだけです。
当たり前です。こちらの会社、商品に興味を持っていなかったのですから、話さえ聞く気がなかったのですから。
話を聞いてくれる=契約ではありませんよ!

でもテンション上げて喜びましょう

さて、ここからどうするか❗
またまた、代表に質問してみましたよ❗

[ただ話を聞くだけな感じになってしまう時はどうする❓]

俺は自分の思いをバンバン率直に言ってたなぁ
「○○会社から仕入れてるこの商品を、うちからの仕入れに変えて欲しい」
変えてくれたら、こんなメリットありますよ。これは必ず言う。しかも明確に。

若いうちは、ガツガツやったら良い!
嫌われるのを怖がらず、一生懸命やっていたら伝わる。特に自分がバリバリやってきた人には伝わる「こいつ頑張ってるなぁ、なんとか応援してやろうか」って気持ちになるんだ。

時間がなくて行けなかったら電話しろ!とにかくしつこいぐらいに行け。怒られても行け!怒るぐらいの人のほうが、頑張った分だけ契約くれる。

人によって性格が違う、俺と同じことを出きる人と出来ない人がいる。自分が出きる方法を探っていったら良いんだ。

社交性があるから営業に向いてるとは限らない。全然ダメな人もいる。
ガツガツいけば良いってもんでもない。
逆に口下手で大丈夫かなぁって人が、売り上げがいつもトップクラスって人もいる。

営業はコツさえ掴んで、自分のやり方を作ったら良いんだよ



玉置コンサルティングは、自らが体験してきた事を、個々に合ったスタイルに造りあげていきます。
また、お客様のニーズ・価値観を見極める力を持ち、それを具現化していきます。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る