ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年03月26日 [飲食店コンサルタント]

あるラーメン店の一例 (1)

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタントの代表でございます

【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】


あるラーメン店の一例です
この店は立地良し、味良し、評判も良いので、かなり売上げがある店だが、
オーナーは「利益が出ないんですよねー」と嘆いていました。


そこで私は収支のバランスを修正するべく、
売価、フードコスト、各商品別の原価率、固定費、流動費(光熱費・人件費)の見直しをしたらどうか
中でも、経費が最も大きいフードコストを更に下げていく事で、利益が変わることをご説明させていただきました。

フードコストは業者から安く仕入れることも大事だが、それだけではありません。
メニュー原価率を再度見直すことを、まずご提案いたします。


品質、味を落とさずに原価率を下げる方法は、まだまだあります。

まず、各商品ごとのA・B・C分析をする事から始めます。


        話はまだまだ続きがあります・・・・・



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る