ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年03月18日 [飲食店コンサルタント]

メーカー・問屋の情報収集の必要性

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタントの代表でございます。

【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】


昨日に引き続き、食品問屋、メーカーのお話をさせていただきます。


特に昨年からは、メーカーからの仕入れ価格の値上げが著しいため
問屋は店に対して、値上げをせざるを得ない状況になっています。
しかし問屋としては、同業者との価格競争により
安易に値上げが出来ない状況でもあります。

これらを踏まえた仕入をするためには
昨日お話しましたように、
メーカーと問屋との関係を充分理解し
情報収集が、最も必要となってくるのです。

メーカーと問屋の両者と、どれだけ多くのコネクションを持ち
情報を入手する手段を持っているのかが重要となってくるのです


飲食店のオーナー様、打つ手はまだまだあります!


玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る