ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年03月17日 [飲食店コンサルタント]

食品問屋との取り組み方

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタントの代表でございます。
いつも妻が更新しておりますから、私は久しぶりの更新となります。


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】

飲食店様からのご相談で、仕入れに関してのものが多いので
食品問屋との価格交渉についてお話させていただきます。


まず重要なのが、交渉対象となる問屋を知ることです。
どのような戦略を立て、どのようなお店をターゲットとしているのか、
その地区においての販売力はどの程度なのか等を知っていれば
交渉もしやすくなってきます。
こちらの足元ばかりを見られることにもならないでしょう。

価格交渉においては、問屋が一次店なのか、二次店なのかによっても大きく変わってきます。


更に最も重要なのが、問屋とメーカーとの関係です。
その地域において、メーカーがどの問屋に力を入れているのか
どんなキャンペーンを打ち出しているかによって
仕入れ価格にも大きく反映されてくるのです。

ただやみくもに価格を下げて欲しいと言っても
業者にも限界があります。
それらを踏まえて、価格交渉していくことが、今後に大きく関わってきます。
良い交渉をするには、問屋、メーカーの事を知っておく必要があるのです。


玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る