ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年06月30日 [コンサルタント]
営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧



【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】


貴方は客観的に見て、自分をどんな営業マンだと思いますか?
どんな営業マンになりたいと具体的なイメージをお持ちですか?
身近に目標としている人物は居ますか?

その人物は、このシーンではこんな行動をとる、こんな言葉掛けをする、そういった観察はしていますか?そして自分もそのような行動を取れていますか?

まずその人物の、マネをしたいと思う行動などを日頃からよく観察し、自分流の行動に変換しイメージしてみましょう。

その人物と自分の行動の違いを確認することで、自分を客観的に見ることができます。
誰かの素晴らしいと思える行動などを意識して観察するよう心掛けてみてはいかがでしょうか?



難問に直面した者でなければ、その悩みや苦労を感じることはできません。
長年の経験は多くを学んできました。
確かな経験を元に、皆様にご提案させていただきます。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村

2016年06月27日 [飲食店コンサルタント]
営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント代表の玉置でございます


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



前回のビジネスブログ「飲食店経営時代のお話」の続編です。

当時の飲食業界では人員確保が最大の問題であった。私もアルバイト員の確保と教育には大変苦労しました。
多店舗経営していたのですが、1店舗に対し店長(正社員)1名、他アルバイト20名〜30名で店を運営しておりました。

時給は標準より高くしないと面談すら来ないのです。そうなると優秀な人員が集まらなくなり、直ぐに辞めてしまうといった負のスパイラルに陥ることになってしまうので、それを避けるために人件費を上げることになる。

そこで私は、アルバイト員にもやる気と目標を持てるようにと考えたのである。
時給+成果給を取り入れることにした。
個々に目標を持たせ、それが達成すれば給与に反映させるという方法である。
当然、落ちこぼれも出てきますが
重要な事は、たとえアルバイトでも責任と目標を持って仕事に取り組むことにより、全体のレベルUPを図っていくことなのです。

定着率としては10名入社し、3名以上が1年以上継続して勤めてくれれば店のレベルは格段にUPしていく事になる。
その仕組みづくりが重要なのである。
すなわち、経営の安定に繋げることになるのです。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村


2016年06月23日 [飲食店コンサルタント]
営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



ブログの更新がご無沙汰していました。

今回は、代表の略歴をご覧いただくと「ピザ関係の飲食店を多店舗経営」とありますが、ピザ店経営のお話をさせていただきます。

大手食品メーカーで中国地区の所長をしておりました時に、ドミノピザ・東京恵比寿1号店に関わらせていただきました。
日本で初めて宅配ピザをオープンしたのが、ドミノピザです。皆さんご存知でしたか?!

当時の自分を振り返りますと、食品業界に長く携わってきた中で印象深い経験の一つであり、私の大きな転機となりました。
ドミノピザの開店、運営を見守るなかで、私も独立意欲が益々、芽生えてきました。その頃、地方でも宅配ピザ店が徐々に増えてきた事を覚えております。

食品メーカーを退職し独立、そして宅配ピザ店をオープンすることとなったのです。
店の内装、注文等のシステム、宅配用バイク、社員またはアルバイトの雇用など多くの準備が必要です。

今までのお付き合いのあるメーカーや問屋に、あらゆる面でご協力いただきました。
やはりメーカー、問屋とのお付き合いは当然ですが深いほうがより良いですよね。
飲食店の経営は、お客様から見て魅力ある店にするのは当然ですが、経営していくためには店の規模に関わらず、業者から見ても魅力あるお店にすることが重要です。特に店舗を増やしたいとお考えのオーナーさんは、後々の事業展開に大きく影響してきます。

のちのち、苦労話をまじえお話をさせていただきます。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村


2016年06月07日 [飲食店コンサルタント]
営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表でございます 


【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



食品メーカーに勤務し中国地区の所長を務めた経験から、食品問屋主催の展示会についてお話したいと思います。

展示会は、メーカー・問屋にとっては年1〜2回行われる一大イベントとも言えるでしょう。
食品問屋は、この展示会を機会に顧客の囲い込みを行いたいものです。
新商品の案内と既存商品の拡販が主な目的で、一社でも顧客を増やしたいという思惑がある。
又、メーカーと問屋との関係により、その展示会の内容にも大きく関わってくる


メーカーとしては、やはり販売力のある問屋へは力を入れたいものである。
特売等を積極的に打ち出してくる。
そういう意味では、販売力のある問屋との取引は重要と言える。


問屋としても、顧客へのサービスを向上させ、販売を強化していきたいところである。
展示会に関しては、メーカーも問屋も通常価格より大幅な値下げを行い、ユーザーへのサービスの一環として色々な融通を利かせてくれる事が多い。


飲食店としてはこの機会に新商品の開発、メニュー改定も踏まえて取り組む必要がある。

その他のメリットとしては、メーカーからの商品説明を詳しくヒアリングが出来、業界についての情報を聞き出し、更には同業他社の情報も入手できる可能性さえあるのだ。問屋任せにせず、自らが積極的にメーカーと関わりを持ち、情報を入手し現状を確認していくという心構えや自覚が必要ではないだろうか。


最終的な狙いは、あらゆる情報を入手し、今後の店舗運営に活かすべく手段を構築していくことである。それが結果として、仕入れ原価率を下げる事にも繋がるのである。

当社では、その展示会に備え、飲食店オーナー様との商談会と称し総合診断を行っております。
また、メーカーと問屋、飲食店オーナー様との三者商談をコーディネートしております。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村


このページの先頭に戻る