ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2016年02月14日 [飲食店コンサルタント]

飲食店の仕入術

営業・飲食店・タクシー業界のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタントの代表でございます 

【当社は、自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】

飲食店のフードコストは経費の中で最も大きなコストであります。
ただ仕入価格が安ければ良いわけではなく、品質・物流状況・管理状態も踏まえた仕入が重要です。
国内メーカーのものでは、原料を輸入しているものが多く、仕入価格が変動します。
そして、年間を通し、より良い商品を安定価格で仕入れ、更にフードコストも下げていく事が店の運営にも大きく影響いたします。
また、仕入業者の選定も非常に重要であります。個人店と大型チェーン店との差はありますが、その店にあった適性仕入価格と在庫を管理する必要があります。

そこで一つの案として、メーカーの協力を得て、新商品の開発、メニュー価格の見直しなどをしていくことでフードコストを下げる事が可能です。
これは、私がメーカーに勤めておりましたので、メーカー・問屋・店、三社の関係をどのように構築していくかを、具体的にご提案いたします。
更には、問屋の展示会においても、メーカーをうまく活用していくことも重要です。



玉置コンサルティングは、自らが食品流通業界において、全てを精通してきました。
幅広い食品業界でのコネクションを持っております。



ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します_(..)_


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る