ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2017年03月16日 [営業コンサルタント]

自分を売る営業

営業・飲食店のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧


【自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】



商品知識は完璧に把握できているのは当然のこと
では自分自身の強みは完璧に把握しているのだろうか?



車販売店の営業マンと話をしている代表との会話で
気付いたことを例に挙げさせていただきます

代表・・・「君から車を買ったら、どんなメリットがあるか聞かせてくれるか」

営業・・・「えっ メリットですか・・・・・」
     そう言って、言葉を詰まらせてしまう




同じ車を買うのに
どの店で買うのか、誰から買うのか

同じ店舗で買うにしても、営業マンは数名いて
たまたま最初に対応した営業マンから買う必要はありません




まずは、第一印象の相性というものも重要です
(ここでクリアー出来ないのは、今回の題材とは別で後日お話したいと思います)

さて、どの営業マンから買うか!
この答えが、営業マンへの質問に隠されています。

「君から車を買ったら、どんなメリットがあるか聞かせてくれるか」



営業は商品を売ることだけではなく、自分を売り込む事も必要なんだよ!

代表は質問により、この事を彼に伝えたのです




彼は代表からの質問で言葉を詰まらせてしまいました。

自分がどんな営業マンなのか
自分自身を理解出来ていないので答えることが出来なかったのです。




自分の強み
どんな営業をしているのか

これが他者との差別化にあたるのです





例えば・・・ 

「お客様に安心と満足をしていただけるようサポートができます」

これでは曖昧で、ありきたりで誰にでも言えること
当たり前のサービスにしか感じられません。



具体的に、そして明確に伝えることが重要です


「何かしらの警報ランプが点いたと、お客様から問合せがくることがあります。
私は、そのような時に整備担当者に聞かなくても
それがどんな警報なのか
早急な安全対応をお伝えすることが出来るようにしております。
当然、こちらの整備でしっかりサポートをさせていただきます」


これはあくまでも例としてですが

このように、具体的に自分に何が出来るのか
そして、皆様から好評をいただいている

このような具体的な内容を伝えるのです



このように自分の強み、特徴を
自分自身からお客様に伝えること

これが自分を売る営業です。


その為には
自分自身をしっかり理解し整理しておくことが必要です。




玉置コンサルティングは、自らが体験してきた事を、個々に合ったスタイルに造りあげていきます。
また、お客様のニーズ・価値観を見極める力を持ち、それを具現化していきます。



最後まで読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します


にほんブログ村


にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る