ビジネスブログ|神戸、大阪、関西の経営コンサルティングなら合同会社玉置コンサルティング

合同会社 玉置コンサルティング
経営コンサルタント
2017年10月31日 [営業コンサルタント]

信頼関係の構築には、信頼を得る行動と築く行動がある

営業・飲食店のご支援をさせて頂いております、経営コンサルタント 代表の妻でございます ∧∧


【自分が経験したことでなければコンサルティングを、お引き受けいたしません】




信頼関係の構築!
この重要性はビジネス本を開けば必ず掲載されていますよね。
弊社のブログでも何度も触れています。それだけ重要な課題と言えるのです。



今回は、
「信頼を得るための行動」と、「信頼関係を築く行動」
このふたつに分け、主に「信頼関係を築く行動」についてお話したいと思います。



まずは【信頼を得る行動】に少し触れておきます。

第一印象は言うまでも無く重要な事柄ですよね。
服装・顔の表情・言葉遣い・態度  などでしょうか

人それぞれ感じ方の違いはありますが
明らかに言えることは

清潔感があり、言葉はハッキリと解りやすく、

第一印象が悪くては
その後の貴方の行動に対しても、悪い傾向に捉えられてしまう可能性があります。
同じ行動をしても、印象が良い人と、悪い人に対しての捉え方が違ってきます。

何故かと言うと、人は思い込みの影響を強く受けてしまうからです。
これは貴方自身にも心当たりがありますよね。




第一印象が良くても、仕事をしていくうちに印象は変化してゆくものです。
ますます良い印象を持って貰えば良いのですが
悪い方向へと変化していく場合もあります。


そこで
【信頼関係を築く行動】が必要になってきます。
この行動は、クライアントとの関係が無くならない限り永遠に重要要素となるわけです。

信頼関係を強固なものにしてゆくことが出来るか、或いは失ってしまうか、それは貴方の行動次第です。


まずは言うまでもない基本的な事項ですが

レスポンスは迅速に、報連相は欠かさずに、
遅刻は論外です、相手を待たせない気持ちで早めに行動を。
今日は何の為に出向くのか、何が必要か、しっかり頭を整理し事前の準備が必要です。

上記に挙げた事柄は、ごく基本的なことばかりですが
これがなかなか出来て居ない人が多いのです。
このような基本的な事が出来ていなくては、信頼関係の構築は難しくなります。

なぜ信頼関係を構築できないのか

問合せをしても返答が返ってこない、再三の問合せをするほうとしては気分の良いものではありません。

電話をしても出ない、折り返しの電話もしてこない
その場で対応することが出来なくても着信記録には残っているはずです
人によっては、必要ならば再度かけてくるだろう・・・
そのような対応で扱われて何も感じない人は居ないでしょう。

「電話をかける時間が無かった」たまにそのような言い訳を言う人がいます。
かける時間が無い!それは有り得ません。
トイレに行く、食事もする、移動時間もある。その合間に電話はできるでしょう。

必要だから電話をかけているのです。
出ない、折り返しも無いということは、その人との関わりを拒否していることになります。
大半の人は一方的に良好な関係を続ける努力をするよりも、
自分に対し、良好な関係を構築していく努力をしているクライアントに労力を使うほうを選ぶでしょう。

仕事は人対人で行われています。
どれだけ良い商品を扱っていても契約に繋げる事は難しくなってしまいます。



更には、信頼関係を構築するために何よりも重要な要素は
貴方らしさではないでしょうか。

自分の個性をどう活かし、どう見せるか。
これは皆さんあまり意識していないのではないでしょうか?

人から見られる印象が自分の印象
これでは良い自己アピールは出来ません。

どんな自分になりたいのか!なりたい自分になれているのか!
見て欲しい自分を見せられているか!

ここが一番重要なことではないでしょうか。

わざわざ人から嫌われる自分づくりをする人は居ませんよね。
なりたい自分というものは当然クライアントから信頼される自分でなければなりません。


ただイエスマンでいたらクライアント受けすると思ったら間違いです。

ノーと言える強さや勇気を持ってみてください。
伝え方さえ間違わなければ、ノーと言える強さや勇気は大きな信頼を得るはずです。

その為にも、多くの伝え方を身につける必要があります。
どんな状況でも、誰にでも同じパターンでしか伝えることが出来ない、
それでは人によっては誤解を与え、関係を崩す結果となってしまう場合があります。
クライアントの性格や、これまでの経緯、お互いの関係性それらを踏まえた伝える術を学ぶことが必要です。




玉置コンサルティングは、自らが体験してきた事を、個々に合ったスタイルに造りあげていきます。
また、お客様のニーズ・価値観を見極める力を持ち、それを具現化していきます。



最後まで読んでいただいて有難うございます。
ワンクリックの応援が励みになります。
宜しくお願い致します


にほんブログ村


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る